大田区主催セミナーでお話しました。きしもと編 ついでに資料作成のテクニックをどーぞ

どーも、大田区タイムズ編集長きしもとです。

2017年11月6日に、biz BEACH CoWorkingにて開催されている「INNOVATION QUEST 2017」(全12回)の第9回に大田区タイムズ編集長の福田さんと二人で登壇してお話してきました。

大田区産業経済部が主催のイベントで、イベントの趣旨はこちらです。

「INNOVATION QUEST 2017」

RPG感覚で成長でき、
ビジネス創造をサポートするニュータイプのシリーズ型セミナー

新しいことにチャレンジしたい!一緒に新しいことにチャレンジできる仲間を作りたい!そんな想いの方々に送るRPG感覚で成長できる自己覚醒型の12本連続セミナーです。
自分を知り、仲間を作り、新しいことにチャレンジしている先輩イノベーターの話を聞き、参加者同士の交流も含めてディスカッションする双方向型プログラムです。
日頃出会う機会の少ない異業種の方とふれあうことで気づくことやステージを進んでいくことで新しい自分の発見にも繋がります。
新たな発見のためにも、興味がないと思う回にこそ積極的にご参加ください。
ぜひ、“覚醒”していく自分自身を体感してください。

参照元:biz BEACH CoWorkingホームページ

で、ボクらは以下のことを話すことになっていました。

集客のノウハウを学びビジネスを飛躍
「集客の悩みを無料で支援」

講演者:大田区タイムズ(福田文明、岸本優喜)

大田区の集客支援ウェブマガジン「大田区タイムズ」は、大田区に特化し無料で集客を支援するウェブマガジンです。大小様々な事業においての共通の悩みである<集客>について、「大田区タイムズ」を使った上手な集客のノウハウとその実績、今後の展開をお話しします。あなたのビジネスを飛躍させる種が見つかるセミナーです。

【大田区タイムズ プロフィール】
大田区の集客支援ウェブマガジン「大田区タイムズ」。2017年2月に、大田区在住の岸本優喜氏、福田文明氏が企画し、大田区在住ではないがライターの渡部みのり氏が参加し、3名で立ち上げた。大田区の商店やイベントの「集客」を無料で支援することを目的に活動中。
現在は、宣伝利用者は「450人以上」、大田区タイムズ月間ページビューは「3万ビュー」、Facebookページリーチ数は「4万リーチ」となり、告知媒体として成長中。

参照元:biz BEACH CoWorkingホームページ

資料作成のテクニックとかコツ

前職で管理職を10年近くしてたので、みんなの前で事業報告やプレゼンする機会や独立してからもセミナー講師や登壇してしゃべることが結構あるので数はそれなりにこなしてると思います。うなるくらいうまいわけじゃないですが、とりあえずボクなりのコツはこちら。

と、その前にまず事前確認事項から

確認事項1:持ち時間は?

どれくらい話すかによって、お話の構成やコンテツを考えないといけないので、まずは確認しましょう。
今回は2時間のセミナーで以下のスケジュールなので

・1時間しゃべる
・10分くらい質疑応答
・余り時間は懇談会

「1時間しゃべる」を福田さんと前半後半で分けて、30分くらい喋ればいい感じでした。

持ち時間30分

確認事項2:みんな何を知りたいか?

せっかく聞きに来てくれてるので、みんなが来て良かったって思えることを話した方が良いのでとても大事です。だいたいタイトルに集約されてます。

今回は、タイトルが「集客のノウハウを学びビジネスを飛躍 集客の悩みを無料で支援」

と、なっているので、30分の中に「集客のノウハウ」、「ビジネスを伸ばす」2テーマが盛り込むことがポイントになります。

しゃべる内容
・集客のノウハウ
・ビジネスを伸ばす

今回のミッション

30分で「集客のノウハウ」と「ビジネスを伸ばすノウハウ」を伝えるがボクのミッションになるわけです。

話の骨組みを考える

ミッションが決まったらまずは目次をイメージし、時間配分を適当に入れます。
時間調整の部分や隠しネタを用意しておくと時間が余ったり、少ない時に調整が効きます。

今回はこんな感じで考えました。

1.自己紹介(5分 時間調整部分)
 1-1.生年月日、出身地など
 1-2.職歴
 1-3.今やってる事

2.大田区タイムズを使っての集客成功事例紹介(5分)

3.集客の本質について(10分)
 3-1.グラフなど実績数値を見せる
 3-2.ビジネスを伸ばすノウハウ

4.集客ノウハウ(10分)

5.大田区タイムズ使ってねと締める

実際に上の構造で作ったセミナー資料はこちらになります。それぞれなぜそうしたかコメント入れておきますのでご参考にしてください。

セミナー資料

0.表紙

無料セミナーの場合、初心者から上級者まで幅広くいることが多いので今回は初心者向けに作っています。
その際には表紙はあまり難しい単語を使たりせずに、

・話すことが明確なっている
・かんたんそうなイメージを与える

をポイントにしてます。なので、全体的にフォントは丸文字フォントを使っています。
ボクの名前を「きしもと ゆうき」とひらがなで書いてるのも、わかりやすく難しくない内容だよーって、イメージを持たせるためにやってます。相手に意識させず雰囲気を伝えることが大事!

1.自己紹介(5分 時間調整部分)

時間が押してる場合は自己紹介は端折ります。
余りそうな場合はここを少し掘り下げ話します。
思い出話など話せるから時間調整に活用できます。それでも余りそうな時は質疑応答を最後にがっつりする感じです。

顔写真にはメインで使ってるSNSのプロフ画像を使います。もし、セミナー終わりに友達申請したい人がいた時に探しやすいからです。
また、生年月日、出身地、出身校など載せておくと、共通項目があった場合に親近感が湧くので懇談会などで話すきっかけ作りになります。

ボクの場合、前職でプロジェクト管理や会社役員、「IT業界17年くらいいる」ことが、インターネットサービス、インターネット集客、マーケティングに詳しい人って印象を持たせるために記載します。

専門家の人が話すことは正しい!って思ってくれると、ボクが伝えたいことが相手にすんなりと腹落ちしやすいからです。

今やっている仕事紹介も、「企業コンサルするくらい詳しい人」って印象を与えるのと、営業活動の一環でもあります。
実際にセミナー後に仕事に繋がることは多々あります。

2.大田区タイムズを使っての集客成功事例紹介(5分)

そして、いよいよ本題

結果的に成功した事実をさっさと伝えます。
文字や言葉だけだと弱いので、南雲さんの投稿記事や当日の写真などを見せて本当に人がたくさん来たんだと嘘じゃないことを伝えます。

そうすることで次からの説明をちゃんと聞こうという意識になるからです。

3.集客の本質について(10分)

 3-1.グラフなど実績数値を見せる
 3-2.ビジネスを伸ばすノウハウ

3つのこつ

予め3つのポイントというと、「後3つくらいは集中して聞こう」とか、ゴールが見えてくるとみんなの集中力が高まります。

でも、「ビジネスを伸ばす」ことを話さないといけないので、
前提としてなぜ集客必要なのかを投げかけ、集客とは、売上とは、に繋げます。

事業、プロジェクトを安定させる為には、「リピーター(ファン、常連客)」がすごい大事だということを伝えます。

過去事例の月商1億円超えの売上グラフを見せます。数字が大きいグラフはみんな目を引くので集中して聞いてもらえます。
リピーター施策によって売上が上がったことをわかりやすく伝えます。

黒字化(事業が安定)した時の、新規購入者、リピーター購入者の割合をわかりやすく見せます。
リピーター(ファン、常連)を作ることがとても重要だということを認識させます。

ファン作りステップ

大田区タイムズができることは、認知させる、興味を持たせるまでしかできないことを伝えます。
掲載しただけではすんなり集客できるわけじゃないのです。

リピーターを増やす為の過程を理解した上で、自分も努力しないといけないことを認識してもらいます。
そうでないと集客ノウハウを伝えても実践しないからです。

4.集客ノウハウ(10分)

ラストスパート!もうすぐ終わることをみんなわかっているので最後までちゃんと聞きます。

1つめ 人を巻き込む&関連コンテンツを考える

今回の例で行くと、集客力もある漢方の先生青木さんを巻き込みました。

51cafeで一番人気なのはカレーなので、常連客にはいつもと違う漢方(胃腸薬)カレーを食べてもらいたいからです。
新規のお客さんには南雲さんの作る美味しい51cafeカレーをおすすめしました。

また、ボクが沖縄生まれなので、沖縄つながりで大森で三線教室をやってる令子先生も巻き込んで店内のバックミュージックとして三線を弾いてもらいました。演奏してもらい一緒に歌ったり楽しい雰囲気作りになります。

・カレーつながり
・沖縄つながり

と、関連性のあるコンテンツないよにしています。

飲食店でのリピーター客(ファン、常連)の作り方は

・美味しい
・楽しい

が、最重要だと思うので、そこを意識してやりました。

2つめ 告知ポイント

大前提として、みんな他人事なので興味ないです。
なので、1回いっても覚えてないことが多いので、

1ヶ月前から、毎週SNSに投稿したり、
最後の週は
3日前、2日前、1日前、当日(昼)、当日(夕方)とカウントダウンのように告知しました。

3つめ 1対1営業

告知は全体ですが、やはり1番効果があるのは
1対1での営業活動です。

定型文のコピペじゃなくて、
その人が好きなことや興味ある言葉で誘います。

また、人間関係相関図を頭に浮かべた場合、キーマンになる人がいるはずなので、
その人がくると他の人も来るみたいな人は、1、2杯奢ってでも呼ぶ!
その人が来ることを確定させてから他の人を誘うとスムーズに行きます。

また、友達も誘ってねの時に、大田区タイムズのURLを送れば、

・場所
・時間
・当日のコンテンツ内容

などがスムーズに伝わるので大田区タイムズの記事を活用します。

5.大田区タイムズ使ってねと締める

最後のまとめです。

リピーター客(ファン、常連)を作ることがとても重要なことを理解した上で、
認知を広げるのは大田区タイムズを活用して無料で行い、リピーター客(ファン、常連)を作ることにコストをかけてうまくビジネスを軌道に乗せる、拡大させることが大事だということを伝えて終了です。

まとめ、7つのポイント

こんな感じで資料を作り、お話してちょうど30分です。

ポイントを7つにまとめるとこんな感じです。

1.持ち時間を把握する
2.みんな何を知りたいかを把握する
3.知りたい内容を入れる
4.聞いてる側の集中力が切れないように話の構成を考える
5.説得力をつけるため過去実績の数字やグラフを見せる
6.時間配分の調整できる要素を入れる
7.自分、サービスの宣伝を忘れない

で、これを踏まえた上で動画みると面白いですよ。

動画

クエストはまだまだ続く!

「INNOVATION QUEST 2017」は、あと3回下記スケジュールでありますのでチェックしてみてください。

第10回 2017/11/14(火) 19:00~

 地域の強みに着目した価値創造を「地域資源を活かし成長する」
 講演者:奥山 睦 氏(株式会社ウイル 代表取締役)

第11回 2017/ 11/20(月) 19:00~

 事業を継承するために 経験に基づくアドバイス「二代目が事業承継で失敗しないためのポイント」
 講演者:菱田 陽介氏

第12回 2017/11/29(水) 19:00~

 ビジネスを大きく育む“つながり”「人と人、地域と地域をつなぐ」
 講演者:櫻井 政人氏

詳しくはこちらに掲載されています。

biz BEACH CoWorkingホームページ

当日来てくれた人、動画見てくれた人、運営スタッフの方々ありがとうございましたー!!

福田さんの書いたセミナー記事はこちらです。是非あわせてお読みくださいませ。
https://otaku-times.com/10444/

ABOUTこの記事をかいた人

きしもとゆうき

台風の日に沖縄県宮古市の伊良部島で自宅出産で生まれ、3歳〜6歳まで大阪府豊中市で暮らし、関西弁をしゃべっていましたが、幼稚園にあがる時に東京都大田区に引っ越して来ました。それからずっと大田区在住のきしもとです。日々日々インターネットと戯れる毎日です。 大企業、個人商店、アーティスト、政治家、劇団、いろいろなジャンルの人と一緒に遊んだりビジネスしたり、クラウドファンディングでお金集めたり、少子化対策したり、地域活性化で怪談作ったり、思いついたやりたいことをひたすらやってます。皆様も心と身体が動くうちにやりたいことをどんどんやればいいと思います。ご相談あればお気軽にどーぞ。TAIKE IT EASY!!