【12/9(日)】大森海苔×アート★大森海苔のふるさと館でアートワークショップ開催!

12月9日(日)、大森海苔のふるさと館でアートワークショップを開催します。

NPO法人大森まちづくりカフェでは、「伝統文化deコミュニケーション」と題して、季節折々の伝統行事や文化をテーマに、区内在住の芸術作家とのアートワークショップを行っています。今回のテーマは「海苔」です。
江戸時代から海苔の一大生産地として全国に名を馳せた、東京・大森。大森から日本各地に海苔の製造方法が伝えられたことから、「海苔のふるさと」とも呼ばれています。平成 30 年 4 月に開館10周年を迎えました「大森海苔のふるさと館」では、海苔養殖の歴史・文化の継承活動や、海苔やふるさとの浜辺公園に関する情報発信を行っています。
今回のワークショップでは、「大森海苔のふるさと館」で大森海苔の歴史を学ぶとともに、海苔船をモチーフに、講師とともに参加者がそれぞれ大切に思うことを、「宝船」で自由に表現します。

さあ、どんな「宝船」が出来上がるのでしょうか?
ぜひふるってご参加ください!

おおたユニバーサルワークショップ~伝統文化deコミュニケーション~
「大森海苔の歴史を知り、宝船をつくろう!」

日 時

2018年12月9日(日)午後1時~4時

場 所

大森海苔のふるさと館(大田区平和の森公園2番2号)

定 員

30名

対 象

どなたでも(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要です)

参加費

無料

申 込

タイトルに「12/9ワークショップ」
お名前、連絡先、メールアドレスをご記入のうえ
事務局までお知らせください。
メール art@oomori-cafe.com
電話(平日13~17時)もしくはFAX 03-5935-7881
こちらのウェブサイトからもお申し込みできます。

主 催

NPO法人大森まちづくりカフェ

この記事を書いた人

クラカタ ヒロシ

特定非営利活動法人大森まちづくりカフェ理事。大田区大森を拠点に、まちが元気になる企画を行っています。季刊20,000部発行する情報紙「大森まちづくりカフェ」では2面ライター。「大森のゲニウスロキ(地霊)」をテーマに、知られざる大森の歴史を様々な視点で書いています。プライベートでは、2児の父で子育て奮闘中です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします