【2/10(日)から全4回】みんなで遊べる立体地域マップをつくろう!

この記事は最終更新日から半年以上が経過しています。情報が古くなっている場合がございますので予めご了承ください。

2月10日(日)から4回にわたって、大田区障がい者総合サポートセンター「さぽーとぴ」で、お子さんを対象とした「立体地域マップづくり」のワークショップが行われます。

この催しを主催するNPO法人大森まちづくりカフェは、「大森アート・ヴィレッジ・プロジェクト」と題して、大森を中心としたエリアを対象に、在住のアーティスト、ギャラリー、芸術的な産業技術、博物館等をネットワークし、その魅力を発信する取り組みを行っています。この活動の一環として、2月10日(日)から全4回にわたって、立体地域マップづくりのワークショップを行います。造形作家でキッズ・アートクラブ「アトリエフー」を主宰する小関ゆみさんを講師に、大森のまちを歩いて、山も、坂道も、大きな建物も、立体交差も、街路樹もぎゅっと縮小した立体マップをつくります。

ぜひふるってご参加ください!

みんなで遊べる立体地域マップをつくってコミュニケーション

日時

2月10日(日)、2月24日(日)、3月3日(日)、3月17日(日)
いずれも時間は、13時~16時

場所

大田区障がい者総合サポートセンター「さぽーとぴ」5階多目的室
大田区中央4-30-11

講師

小関 ゆみ(造形作家・キッズアートクラブ アトリエフー主宰)

主な流れ

2月10日(日):まち探検に行こう!
実際にまちを歩いてまちを知ってそれぞれが作る位置を決めます。
2月24日(日)・3月3日(日):立体マップをつくろう!
ダンボールに地図を描いて、紙粘土や巻きダンボールを使って、立体的なマップをつくります。
3月17日(日):完成した立体マップで遊ぼう!
巨大マップの上において、まちのどの場所につくったか確認!
みんなのマップと交換して遊ぼう!

対象

小・中・高校生(小3以下は保護者の同伴が必要です)
障がいのある方も参加できます。
特別な対応が必要な場合は事前にご連絡ください。

定員

25名(先着順)

参加費

無料

申込・問合せ

NPO法人大森まちづくりカフェ
〒143-0023東京都大田区山王3-27-6
TEL/FAX:03-5935-7881
メール:art@oomori-cafe.com
※参加申込は専用サイトからもできます。
※参加できない日がある場合はご相談ください。

主催

NPO法人大森まちづくりカフェ