NPO・区民活動フォーラムに2019初出展!Chatty+のブースへ遊びに行ってきました!

NPO・区民活動フォーラム、Chatty+のブース
WordCamp Haneda 2019 - 4月20日(土)、4月21日(日) 大田区産業プラザPiOにて開催

Chatty+とは?

Chatty(チャッティ)とは英語で’おしゃべり’の意味。
ママの笑顔が子どもの笑顔につながると信じて2018年から活動しています。

ナビゲーターのMIZUKIさんとTAKAKOさんによると
「孤育てママをなくし、地域のママ同士を心地よくつなぎたい。育児や自分自身にモヤモヤしているママ達に、安心して心の内をアウトプットできる場と、座談会に参加することで得ることができる、昨日まで自分になかった“気付き”を提供することで、“自分らしく生きたいママ”を応援したい!」という思いでこの団体を発足したとのことでした。

Chatty+ナビゲーター TAKAKOさん(左)とMIZUKIさん(右)

私は最初、「安心して話せる場と気付きのきっかけを提供する 子育てモヤモヤママのための座談会」であるChatty+Roomに、0歳の子どもを連れて参加しました。

モヤモヤしていることなんてないかも…と思っていた自分でしたが、参加してみなさんとおしゃべりをしたら自分の心のモヤモヤに「気付く」ことができました。そして、その居心地の良さから、気がつけばリピーターになっていたのでした。

具体的に何をするのかというと、MIZUKIさんとTAKAKOさんがファシリテーションを務める場で、毎回決まったテーマでおしゃべりをしながら問題を共有し、解決していくヒントを探るというもの。

そして、この場の素晴らしさは「しがらみがない」ということです。

小さなグループに分かれておしゃべり中

初めて同士のママたちでも気兼ねなく心地よく繋がれるのです。

何かに、緊張することなく、縛られることなく、自由気ままに思ったことを話せる場。それってなかなかないですよね?すっごく居心地が良いので毎回楽しみにしているんです♪

NPO・区民活動フォーラムでChatty+は何をしたの?

NPO・区民活動フォーラムとは地域活動のお祭り。
2019年は1月27日(日曜)に開催され、様々な区民活動団体による、体験ワークショップ、ブース展示、お楽しみショー、模擬店など、子どもから大人まで楽しめる体験イベントが盛りだくさんでした。

そんな中、私の目的はChatty+に遊びにいくことだったので、1歳の子どもを連れて足早にChatty+のブースへ!

今回Chatty+は、「ポストイットでつくろう!子育てママの『モヤモヤの木』と『スッキリの木』」というワークショップを開催。

子どもを連れてきても遊べるスペースで開催されていたため、安心してTAKAKOさんやMIZUKIさん、そこに来ていたママさんたちと話しながら、
①子育てでモヤモヤしていること
②それが解決したらどんな気持ちになる?

ということをポストイットに書きました。

私が書いたのは・・・ヒミツです。
でも、ママさんたちとおしゃべりすることやワークをすることで、帰る頃にはすっきり爽快になっていたのでした。
Chatty+のブースには、ひっきりなしにお子さんを連れたお母さん、たまにお父さんで賑わっていました。

仕事、子育て、夫、、、いろんなモヤモヤが書かれています

Chatty+の座談会やイベントに参加するにはどうすればいいの?

Chatty+では月に1回(お休み月あり)、基本大田区内の施設でChatty+Roomという座談会を開催しています。
詳しくは、HPを確認するか、Eメールで問い合わせをしてみてくださいね

イベント情報

近々では、2/16(土)9:30-11:50に下丸子区民プラザで
Chatty+1周年記念ワークショップ「描いてみよう 私の幸せ」が開催されますよ。参加費は会場・資料代500円のみ。

【詳細はフェイスブックページをご覧ください】

【HP】
https://chatty-plus.localinfo.jp/
【Email】
chattyplus2018@gmail.com
【facebook】
https://www.facebook.com/chattyplusforalllocalmoms/

この記事を書いた人

Mommy

Mommy

5歳の男の子と1歳の女の子のママMommyです♪子どもと一緒に大田区で楽しむがマイテーマです。趣味は食べること、アウトドア、お酒、旅行、パン屋さん巡りなど。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします