いちご食堂~in武蔵新田が、2019年2月24日(日)に開催されます!

いちご食堂in武蔵新田!!~誰でもweicome♬家族みたいにみんなでごはん~

2019年2月24日(日曜)12:00~15:00
武蔵新田神社すぐ横の矢口文化会館にて、こども食堂×地域包括×国際交流~が開催されます。

いちご食堂とは

大人も子どももお年寄りも、全ての世代が交流できる場として、NPO法人一期JAM(いちごじゃむ)が取り組むコミュニティ食堂です。

食事のメニューは、おにぎり、豚汁、お漬物(限定50食)で、大人500円、中高生300円、小学生200円、幼児無料です。

食事以外にも、
・竹とんぼと紙飛行機で遊ぼう
・多摩川マルシェ
・絵本の読み聞かせ
・音楽LIVE
などイベントが盛りだくさんです。

過去レポ 第3回下丸子いちご食堂~誰でもwelcomoみんなでごはん~に行ってみた!

5歳の子どもを連れて、前々から気になっていたこども(コミュニティ)食堂へ行ってきました!

実は子ども食堂に行くことが初めての私。参加費も大人500円とかなりお安い(子どもの料金は無料です、ありがたい、、、)こともあって、質素な食事であると勝手に思い込んでいました。

なので出てきたお料理を見てびっくり。ボリュームいっぱい品数たくさん!そして目で見て食べて、そのお料理が丹精込めて丁寧に作られたものだとわかります。
(実際、厳選した材料から作られた&前日から仕込まれていたそう、、感謝です!)

下の子が0歳児の我が家は、毎回の料理は大したものではありませんが、離乳食を入れると1日6回(お弁当もカウントすると7回!)料理してることに、、。正直さすがにしんどいです(涙)。
自分以外の誰かが作ってくれた料理が嬉しくて嬉しくて体に心に染み渡ります。

今日のメニューは、キャベツときゅうりのコーンサラダ、唐揚げ、油揚げと小松菜と昆布の煮物、具沢山の混ぜご飯、お味噌汁、りんごとさつまいものケーキでした。

子どもの大好物の唐揚げ。一口食べて「これはママの作る唐揚げと違うよ!前の日から用意してくれたんだって!美味しいよ!」と思わず叫んじゃいました(笑)。
大食漢の息子は唐揚げを5~6個平らげていました。本当にどのお料理もおいしかったです!!

今回は、こども連れのご家族が我が家を含めて4家族、その他はご高齢の方が多かったです。
スタッフの方がみなさんとても優しく、そして気さくに声をかけていただいて、居心地が良く、そのこともとても癒されました。

普段生活しているとなかなか出会うことの少ない、多世代で多様な方々とのおしゃべりはとても楽しく、心を潤すことができました。ありがとうございました!

いちご食堂は月一回のほどのペースでやっていますよ♪

音楽の力で社会貢献を行うNPO法人一期(いちご)JAMさんは、今後も大田区で月1回のペースで子ども食堂を開催して行く予定だそうです。

理事長の山崎剛司さんは、地域や世代間交流の場を作りたいとの思いで、こども(コミュニティ)食堂を始められたとのことでした。これからも、子どもの貧困、いじめや引きこもり、シングルマザーのケア、子育てに悩んでいる方、ご高齢の方の孤食など、様々な地域課題や問題に寄り添い、希望のある未来を描くためにできることをしていきたいと話してくれました。

ぜひ、足を運んで、参加者の皆さんと触れ合いを楽しんでくださいね。
また、ボランティアスタッフの方も募集しているそうなので、ピンと来られた方は是非是非連絡してみてください!

【NPO法人一期JAM】

電話:03-6459-8013
Eメール:syokudou@ichigojam.org
https://www.ichigojam.org/ichigojsokudou