大田区に台風接近中!風水害に備えてハザードマップを確認し避難行動計画を作りましょう!

台風8号が接近中です。

大田区内の台風の被害としては、田園調布4、5丁目の約590件が浸水の被害を受けた「2019年台風19号」が記憶に新しいですが、多摩川が氾濫すると水没するエリアの住民としては、しっかりとした対策をしていきたいですね。

大田区では風水害に備えて避難行動計画(マイ・タイムライン)を作ることが推奨されています。

マイ・タイムラインとは

「マイ・タイムライン(避難行動計画)」とは、台風や大雨等の風水害に対する事前の準備や行動を時系列に整理した自分自身の避難計画です。一人一人の家族構成や生活環境に合わせて、「いつ」、「誰が」、「何をするのか」をあらかじめ決めておくことで、災害の危険が迫ってきたときに落ち着いて避難行動をとることが期待できます。
過去の大規模水害では、避難行動の遅れにより自宅に取り残され、多くの尊い命が犠牲になりました。マイ・タイムラインを作り、早め早めの避難行動を心掛けましょう。

https://bosaipotal.city.ota.tokyo.jp/

台風通過に備え、お住まいのエリアのハザードマップを確認し、しっかりとした避難行動計画(マイ・タイムライン)を作りましょう。

この記事を書いた人

大田区タイムズ編集部

大田区タイムズ編集部です。

お問い合わせや掲載依頼お待ちしています♪

お問い合わせ 取材依頼 プレスリリース掲載依頼

運営 : Aisiteru, inc.