大聖路の幻のラーメン

その昔、昭和の時代にあったラーメン屋『大聖路』

ブルールームになっている建物でラーメンを、
ブルールームから路地を入ったところにある現在のお店で雀荘をしていたそうです。

当時は、雀荘のお客さんからの出前で、結構売れてたのよ、とのとこ。

2015-05-01 12.47.38

30年の時を経て、ラーメンを再開した経緯はよく分からないけれど、
とりあえず食べてみたくなった。

看板に惹かれて、
道そ神と自由雲の間の路を入っていく。

2015-05-01 12.47.25 HDR

ションベン横丁と呼ばれているエリア。

路地を入って行くと、古い建物の飲み屋が並んでいる。

この一角は、少し薄暗い雰囲気で、昔、風俗店を誘致する動きもあったとかで、
子供の頃、遊び場にしていたけど夕方になると怖かったな。

店主は『やよいちゃん』と呼ばれ、
チャキチャキした下町が良く似合う婆です。

いつもラーメンを注文して『ねーよ(怒)』と怒られる流れが定番化していたので、
ラーメンを普通に頼めるのがうれしい。

しかし、少し寂しい。怒られたい…

ラーメン500円。安い。
餃子も頼みたかったけど、腰を悪くしてお休み中だそう。

しお・みそ・しょうゆが選べます。

2015-05-01 12.29.53

『オススメは?』と聞くと『好みよ。』とあっさり返され、
味噌を食べてみることに。

2015-05-01 12.26.28

あっさりした中で、生姜の効いたスープ、

少し多めだけど、決して多すぎない麺の量、

味噌と生姜の効果もあって、食べるとぽかぽかです。

2015-05-01 12.32.45

休日の午前中に久松温泉に行って、帰りに大聖路に寄るコースとか、
昭和気分に浸れて良い感じですね。

また餃子を再開したら、ガッツリにんにくの効いた餃子も一緒に食べに来ますね(^^)

飲み会の2軒目にぶらっと寄るのも良さそう。

また来ます(^^)