池上と大森の珈琲豆専門店の比較

仕事と家庭、人生で大事なことは一緒の時期に来るから、
どちらも大切にするんだよって教えてくれたKさん宅で、
おいしいコーヒーを淹れていただいたことがきっかけで、

大人の男の必須アイテムかなと思い、
先々月、コーヒーメーカーを買ってみました。

そして、専門店でコーヒー豆買ってみてます。
今のところ、池上と大森の2店で買ってみたのでレビューです。

池上駅から2分のロースティングカフェさんの季節のブレンド、
大森ダイシンの向かいの、やなか珈琲店さんの珈琲専門店のホットコーヒー、
どちらも最初に飲んでみるのにオススメされました。
どちらも200gくらいのものを購入しました。

まず、パッケージなのですが、

やなか珈琲さんのは紙の内側にビニールのコーティングがあるタイプで、
買ってから家に帰るまで珈琲のいい香りがするし、
買ってきて冷蔵庫に入れると、冷蔵庫開けたときにも珈琲のいい香りがします。

結構、その香りが幸せな感じです。

対する、ロースティングカフェさんのは、ビニール+アルミの密封タイプで、
持ち運びや冷蔵庫の中で香りはありません。

味は、やなか珈琲さんのほうは濃いかんじで朝起きて飲むとき、すっきりします。
ロースティングカフェさんのほうは、何杯も飲める感じです。

200gを買ってから2週間くらいで消費するのですが、
買ってきたパッケージのまま冷蔵庫保管で2週間経過した際においしいのは
香りの逃げないロースティングカフェさんのほうでした。

豆にもよりますが、月で2,000~3,000円と考えると、
インスタントコーヒーよりも断然いいと思います。

これからも色々試してみます^^