西川スポーツマッサージ治療院さんが錦織選手の怪我の件でメディアに掲載されました。【池上】

どうも、福田です。

先日、池上にある、鍼灸マッサージ師の西川さんのところにお邪魔した際のこと。

福田文明
そういえば西川先生、錦織選手の怪我の件で記事書いてましたよね〜
西川先生
あ〜、あれねー。日刊ゲンダイさんに取材受けたんだよ〜。

とのことで、よく確認すると、日刊ゲンダイDIGITALさんに、西川先生のコメントがしっかり載ってましたね。

元横浜(現DeNA)のトレーナーで西川スポーツマッサージ治療院(東京・池上)の西川清院長がこう説明する。

「TFCC損傷はプロ野球の打者やテニス選手に多く見られます。手首を酷使するため、負担がかかって靱帯を損傷し、痛みが生じます。軽症であれば患部を冷やしたり、マッサージでほぐして炎症を取り除く治療を施します。多くの選手は3~4週間でバットが振れる状態まで回復します」

仮に錦織が手首の靱帯を痛めたとしても、軽症なら4大大会の一つである全仏オープン(5月29日開幕)には十分に間に合う。しかし、「個人差もありますが、治療を施しても症状に改善が見られない場合は、手術をするケースもあります」とも西川院長は言う。

先生、格好いい!

西川先生
ここの部位のことだよ (^^)

TFCC損傷とひとくくりになってるので、結構、曖昧で、

この辺が痛いと大体そう診断されます。

とのことでした。

実際に診ると症状わかるんですが、なんとも言えませんねーと言った感じでした。

テニスする人はよく痛める部位だそうなので、心配な時は相談してみるのもいいですね〜。

西川スポーツマッサージ治療院
http://24k4.com/