僕の日常に普通あった戦争の話/1936年1月生まれ Tさんの記憶の記録

僕の日常に普通にあった 戦争の話

日常の中に戦争がある。世界のどこかの国では普通の話です。
そしてそんな時代が日本にもありました。

大田区タイムズでは、戦争が日常の生活の中にある時代を生きた方々にインタビューし、
その普通じゃない「普通の日常」の記憶を記録し、皆様に伝えていきます。

※個人の体験からくる思い出話です。不適切な表現なども含まれてる可能性はありますので、予めご了承くださった方のみご覧ください。

大田区タイムズ 編集長 きしもとゆうき

僕の日常に普通にあった 戦争の話「1936年1月生まれ Tさんの記録」

※インタビューはシルバーコーディネーター片岡さんにご依頼しました。
※掲載してる文章は音声からの抜粋です。

大田区タイムズ
何歳から何歳まで戦争を体験してたんですか?
Tさん
爆弾とかは、早く疎開したので知らないんだよ
新聞ラジオで空襲とかわかったくらいでね
長野の伊那市に疎開。B29は一回だけ空を飛んでいるのを見たけど、
でも、それは偵察みたいな。落としても効果がない場所じゃないから、関係なかった。

当時、食糧事情が本当に悪くなって、ひもじい思いをした。
小学校時代、すぐ食べたい!そういう時期だったし。。。

戦争だけは二度としないでもらいたいと思うと同時に、自分の国は自分で守るっていうのが当たり前の話で、もちろん戦争は自分からやっちゃいけないよ、けれど、攻撃されたら最低限でも守らなきゃいけない、それはどこの国でもやっていること、いくら中立国のスイスとはいえ、自国の軍隊を持っている、それをよく考えないと。。。アメリカに全部まかせていてはいけない、アメリカだっていざとなったらさ、守ってくれないよ~。最低でも、自分達で守らなきゃ!だって、自分の家だって鍵かけて守るでしょ。
自分で自分を守ってるってことでしょ。それとおんなじでさ、それをはき違えちゃいけないよ。
基地なんてなくなったほうがいいっていうけど、じゃ、なくなったらなくなったで、いったい誰が守ってくれるのって。日本にはそれだけの力がない。

大田区タイムズ
戦争中に伊那って言ったけど、そこに疎開してたの??
Tさん
上伊那郡。町から一里、今でいうと4キロ。お袋の実家に。大百姓だったから、田植えやら稲刈り
昭和18年に疎開。8歳だな。兄弟は5人だけど、バラバラ。一軒に一人って感じ。お袋の実家から3,900坪もらって、そこにおやじが家を建てた。農地改革でとられたりもして。。。
大田区タイムズ
農地改革って何??
Tさん
自分達で全部できないから、小作人さんをやとって、耕してもらってね。
大田区タイムズ
それで、物納米一俵献上みたいな。
Tさん
うん、まあそうなんだけどね。
田んぼってのは一年あけちゃうと再生までに五年かかるんだよ。
畑は三年くらい。誰かにやってもらわないとね~。
手伝ってみて、百姓だけは二度とできないって思った。本当に大変だよ!農繁休業って言って、夏休みは少ないけど、そういう農作業の時期は学校はお休みになるの。学問する時間は同じだろうけど。
大田区タイムズ
伊那に終戦までいたの??
Tさん
いや、26年までいたんだよ。長野にさ、うち建てちゃったからさ、しばらくいてさ、その前に出稼ぎに行ってさ、また中野に戻ってきた。
警察学校の跡地に平成大学とかが建ったんだよ。その近くだったけど、もう売っちゃったけどね。
大田区タイムズ
26年ってことはおじちゃん何歳だっけ?
Tさん
15歳だね。15歳で戻ってきた。向こうの中学校卒業して、こっちに戻ってきて、住み込みで働いたんだよ。修行したところは、浅草橋。小僧←住み込みで働く少年を小僧って言った。
だけど、10年経ったら、自分の店を出していいって言われてさ。
結局は、18年いたの。そのうち、10年は責任者でいたんだよ。
入った時は、ちょうど1965昭和26年5月20日。今でも覚えてるよ。
その時の空の色からさ、秋葉原の駅舎からみた空がすごい綺麗でさ。
おやじと一緒にいって、おやじと一緒に食べたものから全て覚えてる。
大田区タイムズ
終戦の日のことは覚えてる?
Tさん
玉音放送があってさ、その前なんてみんな何になりたいってみんな兵隊さんだったね。
そういう教育だったから。放送聞いてさ、日本は負けちゃったんだって思ってさ。
それで、鬼畜米って言ってたんだよ。
教育で叩き込まれてるんだよ。

それから、中学の時、外交官になりたかったの。
余裕が家にないから、大変だったから、俺が一番上で下に四人もいるんだからさ。
いや~おれは自分で稼ぐ、自活できるようになるって。
先輩に追い付き追い越せでさ、朝も早くって冬の冷たい頃、五反田の店夜の12時までやってるからさ、洗濯機かけて干しながら洗濯物が凍っちゃうんだぜ。そんなことを想ったら、今なんて天国もいいところだよ。

やってないことないね、全てやったね、「いつ死んでもいい、幸せな人生だよ。
おれくらい体験した人いないよ。
ギャンブルはやるわ、警察にもずいぶんつかまって、豚箱も入ったりさ。そんなことふつう経験しないじゃない。
ギャンブルはサイコロばくちから花札から、そこらへんの競馬競輪オートレースみ~んなやった。
パーティなんかも主催してやってさ、なんでお客さんくるかっていうと、女の子多いから。
女の子はタダみたいな値段で呼んでさ、普通の人には500円で売って、女の子には100円で。
女の子多いと男は来る。それが商売なんだよ。
おじちゃん20代のとき。
ダンスホールそこら中行った。
近所の公民館みたいなところを自分で借りて、ツーバンドよんでさ、ジャズとスイングとかさ。
いや~~儲かった!笑!
んでさ、最後はキャバレー借り切って30歳の時。これで最後にしようって思ってさ。
バンドに5万円ずつ払うからツーバンドで10万。でも、30万くらい儲かったのかな~

大田区タイムズ
その当時ででしょう???すごい!
Tさん
そのあと、何人かでさ、クラブ行ってさ、全部使っちゃうんだよ!あはは!
自分だけでもっておこうと思わないで、みんなで使うんだ!
店四軒もやったけどさ、(小売店)、卵だって一パック10円で売るんだよ。
昭和35年くらい。原価で100円くらい今は150~200円くらいかな。
半端なことは嫌い。だから、タダはダメなの。10円でもお金を払ったっていうお客さんの意識が大切なの。ず~っと朝から並んで、10ケースだけだから、1,000円にしたって20パック入ってるから、2万円。2万円ばらまけば、それの何倍も返ってくる。だって、卵だけ買って帰るお客はいないんだよ。みんな他の物も買っていく。三時ちょっとで全部売り切れにしちゃうの。
大田区タイムズ
なるほど~~!
Tさん
じゃがいもも一ケースずつ。10キロ700円で売るんだよ。
市場で800~900円するやつを700円で売る。損しないんだよ。
大田区タイムズ
今度商売教えて!!
Tさん
笑!!!
なぜ買ってくれるか、信用も大事なんだよ。
今でもお客さんいるんだよ。
今年もお願いね~で、どこの産地とかいくらとかいつ送ってとかいろいろみんな聞かない。
それって信用。
信用してくれて、この人ならって。
10年も培ってきた信用だよ。
よそよりも高くたって、買ってくれる。
まあ、そうなるとこっちも手を抜けないんだけどね笑!
大田区タイムズ
戦争中夜寝る前何考えてた??
Tさん
それはちょっとわからないな~~ふつうに寝てた感じかな。多少考えたかもだけど、負けるとは思ってなかったから。でもだんだんさ、どこどこが玉砕したとかさ、そんなのが入ってきて、山本五十六がミッドウエー海戦負けたとかさ、情報がきてやばいんじゃないか~~って言ってて、それでもやつらが来たら竹やりでやっつけるなんて本当に思ってたんだから。。。

日本人てのはすごいなって思うのはさ、アメリカ人がすぐに来たって、なついているからね。
俺なんかも、ジャズだとかさ。笑!

大田区タイムズ
アメリカ人の兵隊さんはおじちゃんが中野に戻った時はいないのかな??
Tさん
進駐軍てのはまだいたよ!
17歳か18歳、五反田にいたとき。おねえさん。早く言えば彼女!笑!
年上の。おれ、かわいがってもらっててさ、不良少年!笑!
その人と、将校さんとさ、五反田に将校専門の将校クラブってのがあってさ、島津山のこっちにあったの。
日本人だけじゃ入れないよ。向こうの人と一緒に入ってさ、俺その人の弟だと思ってたみたい。早く言えば、夜の女だよ。夜にそこのクラブに泊まるんだけど、やっぱこっちはアメリカ人に何かされるんじゃないかとか思って、一睡も出来ないのだけど、全くそういうことはしないね。そういう点は紳士だよ!そのあと、その彼女連れて将校がボストン二人で行って結婚したんだよ。羽田に見送りに行ったときは、涙出たなあ。波乱万丈だよ、本書けるよ!
大田区タイムズ
戦争中に一番好きだったご飯なに??
Tさん
いや、だって食べるものないんだもの。早く白井ご飯が食べたいって思ったもの。
あわが四分のってんだ、麦も。段々冷めてくるとボロボロで美味しくないんだ。。。
本当に早く白いご飯が食べたい、これだね!
大田区タイムズ
何をしてるときが一番楽しかった??
Tさん
そりゃ、こどものときだもん、チャンバラやったりさ、子供多いからさ。
大田区タイムズ
疎開していても、授業はあるの??
Tさん
あるよ、もちろん!
なきゃしょうがないじゃない。
村の学校入ってさ、学童疎開してきた人も近所のお寺でさ、先生も一緒にくるんだよ。
大田区タイムズ
先生も一緒にくるんだ~!
Tさん
親戚のない人が、学童疎開するの。俺の学校の生徒が近所のお寺にきたんだよ。ヤクボって担任の先生。桃園第三小学校から学童疎開で来たんだよ。一学年6クラス。一学年250人。
大田区タイムズ
こっちに帰ってきたときは、まだその小学校はあった??
Tさん
あったけどね、合併されて、今はもうないよ。
国民学校って言ってたんだよ、その当時は。
大田区タイムズ
空襲警報とかなるの??
Tさん
鳴らないならない!田舎だから、疎開してるから、帰ってきたら畑手伝ったり、普通の生活を送ってたんだよ。長野県でも過疎地だから、ムラだからね。
大田区タイムズ
おじちゃん戦争って聞いて何を思い出す??
Tさん
まあ、オレは「ひもじさ」だね。あのひもじさってのは、まあ二年か三年続いたんだけど、ひもじさが一番。。。焼夷弾とか落ちたところの人はその悲惨さとかなんだろうけどね。
その体験はしなかったけど、中野にいたときは、早くに防空壕を作ったよ、地下に。
親戚の家に行ったって言ったってさ、気を使うよ。遊びに行ったわけじゃないし、子供心にいやな思いをしたよ。

今はなんて幸せなんだろうって思うよ!

僕の日常に普通にあった 戦争の話

ABOUTこの記事をかいた人

きしもとゆうき

台風の日に沖縄県宮古市の伊良部島で自宅出産で生まれ、3歳〜6歳まで大阪府豊中市で暮らし、関西弁をしゃべっていましたが、幼稚園にあがる時に東京都大田区に引っ越して来ました。それからずっと大田区在住のきしもとです。日々日々インターネットと戯れる毎日です。 大企業、個人商店、アーティスト、政治家、劇団、いろいろなジャンルの人と一緒に遊んだりビジネスしたり、クラウドファンディングでお金集めたり、少子化対策したり、地域活性化で怪談作ったり、思いついたやりたいことをひたすらやってます。皆様も心と身体が動くうちにやりたいことをどんどんやればいいと思います。ご相談あればお気軽にどーぞ。TAIKE IT EASY!!