大田区の都議選・各候補者と結果【2017年】

2017-都議選-大田区

2017年都議選・大田区の予想と結果まとめ

2017年 都議会議員選挙 1週間前に公開した予測記事はこちら。

大田区の都議選・各候補者と予想【2017年】

都民ファーストの追い風がここまでとは予想していませんでした。

大田区では日本維新の会より民進党の方が区議会議員が多いので、応援の多さから民進の1議席確保を予想していましたが、維新が維持しました。

2017年都議選・大田区のレビュー

都民ファースト2名が1位・2位で当選

都民ファーストの勢いが予想よりも強く、2名当選となりました。

自民・民進が1議席減

都民ファーストが入った2議席分、自民・民進が1議席ずつ減らしました。

自民の現職が落選

自民党の現職、鈴木あきまさが落選となり、1名議席を失う形となりました。
前回の3議席から2議席に。

民進党は前職の議席を守れず、0に。

民進党の前職、田中健の議席を沢田大作が守れませんでした。
民進党の逆風にプラスして、沢田大作は今回が初の選挙ということもあり、認知度が低かったか。

鈴木あきひろはギリギリでの当選

前回の選挙でトップ当選の自民党・鈴木あきひろはギリギリでの当選でした。

大田区の都議選2017結果

政党別・大田区の都議選2017結果

政党 前回 結果
自民党 3議席 2議席
公明党 2議席 2議席
都民ファーストの会 0議席 2議席
民進党 1議席 0議席
日本維新の会 1議席 1議席
共産党 1議席 1議席

(定数8議席)

都民ファーストが2議席増やし、自民と民進が1議席ずつ減りました。

都議選予測と結果

政党別・大田区の都議選2017予測と結果

政党 予想 結果
自民党 3議席 2議席
公明党 2議席 2議席
都民ファーストの会 1議席 2議席
民進党 1議席 0議席
日本維新の会 0議席 1議席
共産党 1議席 1議席

(定数8議席)

自民と民進が予想より減、
都民ファースト・と維新が予想より増でした。

実質的に11名で争われた選挙戦でした

立候補者数15名

立候補した15名のうち、予想通り11名の選挙戦だったと言えます。

当選した8名

  • もり愛(都民ファーストの会)
    (得票数55,000)
  • 栗下善行(都民ファーストの会)
    (得票数33,017)
  • 【現職】遠藤守(公明党)
    (得票数26,593)
  • 【現職】藤井一(公明党)
    (得票数26,704)
  • 藤田りょうこ(日本共産党)
    (得票数24,957)
  • 【現職】神林茂(自由民主党)
    (得票数21,831)
  • 【現職】やながせ裕文(日本維新の会)
    (得票数21,460)
  • 【現職】鈴木あきひろ(自由民主党)
    (得票数21,207)

 

もり愛と栗下善行が1位・2位でフィニッシュ。圧勝でした。

今回も公明党は安定感がありました。

共産党は前職との交代がうまくいき、議席を守りました。

自民党は逆風ながらも1議席減の2議席。

日本維新の会は議席を守りました。

善戦したものの落選した3名

  • 【現職】鈴木あきまさ(自由民主党)
    (得票数19,032)
  • 佐藤伸(日本共産党)
    (得票数18,193)
  • 沢田大作(民進党)
    (得票数16,716)

 

自民党逆風の中、自民党現職の中で前回得票数の一番低かった、鈴木あきまさが落選しました。

佐藤伸は党内調整のミスか。今回共産党は追い風でした。

沢田大作は認知度不足か。
民進党は逆風でしたが、民進党大田区議が4名・大田区選出の衆議院議員1名がいた中で、得票数が伸びませんでした。

予測通り落選した4名

  • みぞぐち晃一(無所属)
    (得票数5,420)
  • すどうえいじ(無所属)
    (得票数4,118)
  • 飯田佳宏(地方議員ゼロの会)
    (得票数2,194)
  • 井出鬼子雄(無所属)
    (得票数691)

 

みぞぐち晃一は都民ファーストの公認を得ていれば、当選していたかもしれませんでした。

すどうえいじは区議選の常連でもあります。
前回より得票数が増えているので、2年後の区議選に注目です。

まとめ

都民ファーストの会が1位・2位を独占しました。

自民党は現職の鈴木あきまさが落選。前回トップ当選の鈴木あきひろがギリギリの当選でした。

共産党は2名擁立したものの1議席。得た票数から考えると、きちんと分けられていれば2議席届いていました。

みぞぐち晃一は都民ファーストの公認を得ていれば、当選していたかもしれませんでした。

日本維新の会は1議席を維持しました。都議会唯一の議席です。

民進党は1議席を維持できませんでした。

感想

いくつものドラマが生まれた選挙でした。

大田区は定数8と、東京都の選挙区の中で最大の定員数ということもあり、複雑でした。
見応えある選挙戦でした。

2017年 都議会議員選挙 1週間前に公開した予測記事はこちら。

大田区の都議選・各候補者と予想【2017年】

2017-都議選-大田区

2017-都議選-大田区

2017-都議選-大田区

ABOUTこの記事をかいた人

福田 文明

大田区タイムズ編集長・株式会社アイシテル代表取締役・Webディレクター。池上在住。大田区で地域活性化に取り組んでいる。代表的な取り組みは、池上本門寺通りフリーマーケット(大田区最大のフリマ。150ブース出店)・池上本門寺朝市(30店舗出店)など。