【企業×地域×音楽】カワウソの蔵は本当にいい歌!大田区でもこーゆ取り組みできたらいいのにってお話

どーも、大田区タイムズ編集長のきしもとです。

皆さんは「獺祭」ってお酒を知ってますか?

ボクはお酒詳しくないですが、「獺祭」を知っています。

知ったきっかけは、去年(2016年)大森にある「51cafe」のキャンドルナイトというイベント(お店中にキャンドルつけて行うライブイベント)で、

「Uina with 久村尚弘」さんが歌っているのを聞いて知りました。

▼カワウソの蔵

初めて聞いた時、いい歌だなーと思い、Uinaさんと話す機会があったので聞いたら、これは獺祭というお酒の歌だと教えてくれました。

Uinaさんの故郷、山口県で作ってる「獺祭」を飲んで感激し「カワウソの蔵」という歌を作り、

獺祭の蔵元の旭酒造株式会社さんに送り公認ソングになったそうです。すげー行動力!!!

ご当地ソングはだいたい地域名を連呼したりして、なんか好きになれないというかダサい感じを受けますが、これは本当にいい歌で曲もそうですが、Uinaさんの歌声が聞いててなんか泣けてくるんすよね。

世界に羽ばたいていく獺祭に地元の方々は、元気をもらってると思うんです。

歌詞にある

「最後に意味を持つのは志なんだ」

って、部分が全てな気がします。

各々が自分のフィールドで地元を思い志を持って活動してるって、すごい地方創生だと思うんです。

で、何が言いたいかと言いますと、大田区でもこういった、取り組みをしたらいいと思うで、

大田区タイムズで勝手にやります!!!だって、ボクが聞きたいんだもん。

大田区の企業さんで一緒に取り組みしてくれるところがあれば、お問い合わせフォームor大田区タイムズのfacebookページのメッセージから是非ご一報ください。

>お問い合わせフォーム
>大田区タイムズfacebookページ

最後に、「カワウソの蔵」は、こちらのショップで購入できます。
「Uina Official Web Shop」
https://uinashop.official.ec/

Uinaさんのfacebookページはこちらです。ライブ情報とかゲットできますよ。
是非、生で曲と歌声を体験してくださいませ。
https://www.facebook.com/uinaofficial/

いい曲できたら、獺祭で乾杯したい!