夏のおもてなしにピッタリ!蒲田切子のお店「フォレスト」@久ヶ原

久ヶ原駅から徒歩3分

池上線、久が原駅から徒歩3分のところにある、蒲田切子を扱っている「フォレスト」さんを訪ねました。

同店は、江戸切子の技術を活かしオリジナルデザインの蒲田切子と言うブランドの切子を扱っています。

 

店内には涼しげなグラスがたくさん!

江戸切子とは江戸末期に江戸で始まったカットグラス工法のガラス工芸・ガラス細工です。

江戸切子の文様としては、矢来・菊・麻の葉模様など着物にも見られる身近な和の文様を繊細に切子をしているのも特徴です。

 

左から「水鏡」「 渦紋」「風波」

蒲田切子は、丸みのある文様が特徴です。

蒲田切子のオリジナルデザイングラスの3種類。左から「水鏡」「 渦紋」「風波」。

「水鏡」の模様を手で触ってみるとその製造工程が想像できて、とてもびっくりします(透明ガラスへの切子加工のため、分かりにくいですね)。

 

「水鏡」のデザインを使用した手ぬぐいもある。

店内には、色々な文様の切子を施したガラス製品をはじめ、蒲田切子オリジナルデザインの「水鏡」をデザインしたマクカップや手ぬぐいなども有りました。

 

カラーバリエーションも豊富

暑い夏の昼下がり、蒲田切子で頂く麦茶は、いつもより美味しく感じました。

もちろん、冷酒や焼酎のロックも、美味しくいただけるでしょう。

 

店舗情報

店名 蒲田切子「フォレスト」
営業時間 平日11:00~18:00 (土日祭 不定休)
場所  東京都大田区久が原3-34-13
電話番号  03-5748-7321
URL  http://www.glassforest.co.jp/

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

加島 一男

トランスフォーメーション・ラボ合同会社で、組織変革と人材育成のプログラムの企画・開発・実施を担当。 ストラクチャードコミュニケーション協会、IMO協会、ラウンドテーブルラーニング協会で、理事を担当。