【蒲田】9.30-10.10 蒲田駅東口屋外に大型映像インスタレーション展示「大洲大作Logistics/Rotations」が仕掛けられます

2022年9月30日(金)から10月10日(月・祝)の18:30~21:00、蒲田駅東口屋外に大型映像インスタレーション展示「大洲大作Logistics/Rotations」が仕掛けられます。

場所は、大田区役所と産業プラザPiOを結ぶまっすぐな道で、アプリコ沿いです。

会場マップ

「蒲蒲線」が地下に通る予定の道で、実は昔も「羽田航空基地側線」という路線がここを通っていましたね。

夜に蒲田駅-京急蒲田駅間を通る際は、こちらの道を是非通ってみてください。

作品紹介

蒲田から羽田へ、海の向こうへと続いた羽田航空基地側線。今ふたたび、果てなき廻転を街に描き出す試み。

大洲大作

本作は、写真を軸に人の営みを光と影で捉えなおす行為を続ける美術家、大洲大作が蒲田の街に映像を仕掛ける、新制作のインスタレーションです。2019年「未完の螺旋」、2022年「Loop Line」に連なる作品であり、史実に残る引き込み線の記録を基に制作されています。

舞台は、終戦後の蒲田(大田区)であり、かつてその街を走っていた線路の道筋です。昭和初期に町工場とその働き手の倍増により地域経済を大きく発展させた蒲田は、戦時下の空襲で、約8割が焼け野原となり、終戦を迎えます。昭和21年3月、現在の蒲田駅東口周辺に、羽田飛行場拡張建設工事用資材などの輸送ルートとして省線(現・J R)蒲田駅から京浜(現・京急)蒲田駅を通る貨物線敷設工事が進められました。翌年に完成した線路の上を、多い日は1日に175両もの車両が蒲田の街を走り、厚木米軍砂利採石場などから羽田航空基地まで、資材をはじめ物資や兵員を運び続けたといいます。ふたつの蒲田駅を結んで続くその痕跡を、線路を去来したもの/ひとの記憶に辿る本作。ぜひ、ご高覧ください。

なお、本展は大田区のさまざまな文化資源とともにアートを創り、地域の活性化を目的としたOTAアート・プロジェクトの一環です。現代アート部門《マチニエヲカク》では、大田区の街なかにアートを仕掛けることで、新たな風景の創出を試みています。

天候判断

会期中は、雨天決行・荒天中止です。

荒天が疑われる日は、当日16時ごろの天候状況で判断し、開催の有無を大田区文化振興協会公式 Twitter にてお知らせいたします。

公式 Twitter アカウントでご確認ください。
https://twitter.com/ota_bunka

なお、通常開催時(晴天・雨天)の案内はありません。

イベント情報

会期2022年4年9月30日(金)-10月10日(月・祝)
時間18:30-21:00
※会期中無休・天候によって中止の日有り
会場JR・東急「蒲田駅」東口周辺
主催公益社団法人大田区文化振興協会、大田区
観覧料無料
URL公式サイト
イベント情報

この記事を書いた人

大田区タイムズ編集部

大田区タイムズ編集部です。

お問い合わせや掲載依頼お待ちしています♪

お問い合わせ 取材依頼 プレスリリース掲載依頼

運営 : Aisiteru, inc.