香りの博物館が蒲田にあるってご存知でした?

高砂コレクション

ここは、香料工業の会社。一番上の階に誰でも入れる博物館を備えています。

富士通株式会社 ニッセイアロマスクエア

場所は、あの誰でも知っているビル。
アロマスクエア・・・ってそういう意味だったのですね!?

アロマセラピーを学ぶと出てくるトップ・ノートやアフター・ノート。
ここではそういった、香りの基礎が学べます。

中は、3つのコーナーに分かれています。

西洋文化

これが秀逸。様々な国から買い求めた香水瓶が並びます。

オリエンタル

中国や日本の香道の世界が広がります。
陶器より価値のある磁器が並びます。

なんと、マイセン陶磁器
ドイツ アウグストゥス恐惶が錬金術師ベドガーを幽閉し、作らせた白い磁器。それがマイセン。
外に出て、自由に歩くこともできなかったベドガーは最終的に狂ってしまったそう…

マイセン陶磁器

香水を入れる瓶の素材も並びます。
東洋と西洋が全く違うアプローチなのが面白い世界です。

お線香に通じる世界

素材

お花を摘んで、精油を作るところから始める西洋の香水。
それを安定させるための「安息香」「乳香」などの展示になります。

最後に

あの有名な欧州ブランド香水がここのOEMだということが分かるのですが・・・!!!
※OEMとは、ブランドを名乗るけれど、制作は別会社。
ヒント・・・
ベッカムもビックリ!

それは、実際にここに来て確認してください。無料です!!!

高砂コレクション http://www.takasago.com/ja/museum/index.html
営業時間 10:00~17:00(入室は閉室の30分前まで)
定休日 土日祝日、年末年始、当社休業日
アクセス 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア17F