【平和島】夜パフェ専門店「21時にアイス 東京平和島店」に行ってきました

東京初進出ということで話題の夜パフェ専門店「21時にアイス 東京平和島店」に行ってきました。

平和島駅から徒歩3分の場所にあります。

トップの写真は紫芋モンブランです。

夜パフェ専門店ということで、営業時間が16:00-24:00となっています。

「21時にアイス」が夜営業なのは北海道・札幌の夜の定番「締めパフェ」文化を参考にしているためで、たしかに、お酒を飲んだ後は甘いものが食べたくなります。

チェーン展開していて、2020年に大阪・八尾市に1号店を出店以降、2022年9月現在は全国に14店舗、近日オープン予定を含めると19店舗あります。

夜パフェ専門店は都内にも増えてきていますが大田区内ではここだけです。

少し行列ができていて、入場制限しながらの提供だったので15分ほど待ちましたが、メニューが豊富でどれにするか迷っていたので、あっという間でした。

メニュー

メニュー
栗モンブラン450円
抹茶モンブラン650円
紫芋モンブラン650円
芋モンブラン580円
抹茶ソフト580円
チョコバナナ650円
キャラメルバナナ650円
アールグレイチョコホイップ580円
黒蜜わらび餅680円
抹茶わらび餅680円
黒蜜きな粉550円
黒ごま600円
チョコクッキー550円
塩クッキー550円
コーヒーゼリー600円
キウイとナタデココ600円
マンゴーとナタデココ600円
ノーマル450円
メニュー

トッピングメニュー

白玉
ソース一種
(チョコ、キャラメル、抹茶、黒蜜)
チョコクランチ
キャラメルクランチ
ナタデココ
クッキー
ココアクッキー
カスタード
ホイップクリーム
きな粉
クルミ
+30円
フルーツ一種

ソフト追加
+50円
トッピングメニュー

店内の様子

店内は写真撮影用の台と鏡とドライフラワーのみで、ショールームのような内装です。

奥にトイレがあります。

店内写真撮影用の台とノーマル(メニュー一番下中央)

購入したほとんどの方が写真撮影用の台で撮影されていました。

店内装飾 鏡
店内装飾 ドライフラワー

レビュー

思ったより小ぶりなので、一人で2つ食べてみました。

夜に締めとして食べるパフェと考えると、たしかに小ぶりなもののほうが好まれそうです。

左 紫芋モンブラン 右 ノーマル

ベースのノーマル部分がそもそもおいしいので、まずはノーマルから食べてみるのもいいですね。

紫芋モンブラン部分は甘さ控えめで、アイスとちょうどいいバランスです。

上に載っているのはクルミで、カップの下部分はコーンフレークです。

店内装飾 店舗ロゴ
外看板 夜に似合うネオンサイン
外看板 こちらは赤いネオンサイン

好きなトッピング追加することでバリエーションが豊富なアイスが食べられるので、次回行く際は、ノーマルに異色のトッピングを追加して注文したいと思います。

締めパフェ文化、良いですね。

平和島で飲んだときにまた行ってみようと思います。

店舗情報

店名21時にアイス 東京平和島店
住所大田区大森北6-32-9
営業時間16:00-24:00
定休日火曜日
URLhttps://www.instagram.com/21niice_tokyo_heiwajima/

この記事を書いた人

大田区タイムズ編集部

大田区タイムズ編集部です。

お問い合わせや掲載依頼お待ちしています♪

お問い合わせ 取材依頼 プレスリリース掲載依頼

運営 : Aisiteru, inc.