こうじや・・・代表するのは、米の花「糀」?

先日、大田区で発酵食品についての講演会をしました。
そこで、大田区に因んで気になっていた地名「糀谷」に行きました。

まず、「糀谷」が何故「糀」なのか?

鎌倉時代の文献にあったそうです。
この辺りに糀を作っていたところがあった、という事実。

「糀」といったらこのお店

米はな
米へんに花、つまり「糀」のお店です。

発酵食品の伝道師・・・PRの林さんにお話を伺いました

i

発酵ソムリエ
 一押し商品は、どちらですか?

 ズバリこちら!!『こめはな』です!

i

米はなさん

一押し商品 『こめはな』

こめはなは、ご飯がすすむ!!糀谷の梅こうじ。

大田区の花というべき梅。そして糀谷らしい、糀とノリ・・・。
旨味成分が感じられる食材のオン・パレード。


ちょっとしたお土産にいかがでしょうか?
大田のお土産100選にも選ばれています。
大田区役所の6階にも置いてありますよ!

発酵食品ソムリエの一押し商品 『甘酒』


パントテン酸がいっぱい入っている甘酒。


なんと、ヨーグルティアで作っているのですね。
すべてオリジナルの手作りです。

素材からオーガニックで、栄養豊富な福岡産のものを厳選したそうです。

冷たい甘酒を菌が生きてるうちに召し上がってください!
味も、深くて美味しいし、粒も残っているので、噛みごたえあります。
砂糖は不使用でも甘さバッチリ。
赤ちゃんでも飲めますよ。

大田区立しいのき園のお菓子もオススメ

米はなさんは、様々なお手伝いをしていただいているそうです。

↑ ↑ ↑

オーーの「大日方真(おびたまこと)」さんとスタッフの「石井雅俊(いしいまさとし)」さん

お話を伺ったPRの林さんは、残念ながら写真を撮っていません!!

米はなのお食事を楽しめるお店「the RAYHAM coffee」


ここは、近くのコーヒーショップ the RAYHAM coffee
ランチタイムに米はなさんの食事をいただけます。
雰囲気もまったり、ゆったり。

糀谷といったら発酵食品・・・ということで覚えてくださいね。

自然食・発酵のお店「米はな」

営業時間 10:00~18:30
お問合せ 03-3745-0061
メディア http://www.komehana-cafe.com/
アクセス 〒144-0034東京都大田区西糀谷4-13-13

この記事を書いた人

発酵ソムリエ

大田区で起業した日本インバウンドアテンダント協会、海外の人に和食の良さを伝える発酵ソムリエとして活躍中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします