【羽田空港】注文後すぐに熱々の出来たてが食べられるラーメン自販機「Yo-Kai Express(ヨーカイ エクスプレス)」に一風堂メニューが登場

シリコンバレー発、注文後約90秒で熱々の出来たてのラーメンが楽しめるラーメン自動販売機「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」に、「一風堂 博多とんこつラーメン」と、完全植物性のビーガンラーメン「IPPUDO プラントベース(豚骨風)ラーメン」(税込980円)の2種類が登場したとのことで行ってみました。

ラーメン自動販売機「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」の特徴は、買ったその場ですぐ食べられるというところで、カップ麺自販機の進化版のような懐かしくもあり新しい感じがいいですね。

大田区の「丸山製麺」が展開している、有名店の味が自宅で楽しめると話題になっている冷凍販売のラーメン自販機「ヌードルツアーズ」とはまた違った楽しみ方の自販機です。

日本での設置台数はまだ数台のみとなっていますが、アメリカでは病院などに50台以上が設置されているそうです。

羽田空港第二ターミナル1階 サイネージ
羽田空港第二ターミナル1階 サイネージ 拡大
24時間営業の自販機コーナー
店内の様子
Yo-Kai Express(ヨーカイ エクスプレス)外観
メニュー画面「一風堂 博多とんこつラーメン」が選べます
購入前に栄養およびカロリー情報や原材料およびアレルゲン情報が見れます

決済が完了すると、調理する音が聞こえてきます。90秒と謳っていますが、出てくるまで120秒くらいでした。

できたばかりの「一風堂 博多とんこつラーメン」を取り出したところ 上部フィルムの中央に穴が空いています
「一風堂 博多とんこつラーメン」のフィルムはがしたところ

スープは一風堂そのもので、きくらげ、たまご、チャーシュー、もやし、ねぎ入りです。

麺のゆで具合は選べませんが「ふつう」か「やわめ」くらいです
チャーシューは小さめです

チャーシューは小さめですが、味はしっかりチャーシューです。

トッピング、麺のゆで具合、替え玉などが選べないのが少し残念ですが、ちゃんと一風堂を食べた気分になりました。

れんげ わりばし

れんげ、わりばしは注文から出来上がりまでの間しか機体の取出口が開かない仕様になっているので注意です。

これは何に使うんでしょうか?前掛けですかね
飲み残し専用のゴミ箱が外にあります
フタ付きなので臭いも気になりません
外観

味は本物には敵いませんが、注文後に調理音が聞こえてきて出てくるのが楽しいので満足感は高かったです。

レストランが充実している羽田空港内でのラーメン自販機需要はそれほど高くはなさそうですが、高速道路のパーキングエリアなどにあったらまた食べると思います。

ラーメン自動販売機名Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)
店舗名グルメ24 自販機レストラン
場所東京都大田区羽田空港3-4
羽田空港第二ターミナル 1階
営業時間24h
定休日なし
URLhttps://www.yokaiexpress.com/

この記事を書いた人

大田区タイムズ編集部

大田区タイムズ編集部です。

お問い合わせや掲載依頼お待ちしています♪

お問い合わせ 取材依頼 プレスリリース掲載依頼

運営 : Aisiteru, inc.