キャンドルナイトin池上本門寺に行ってきました!

100万人のキャンドルナイトin池上本門寺

「電気を消してスローな夜を」を合い言葉に行われるこのイベント。池上本門寺の境内も、照明を落とし、1200個のランタンで彩られます。また、東日本大震災の被災地の小学生が描いたランタンも並べられ、印象的な文字を浮かび上がらせます。当日は世界平和祈願法要が行われ、境内ではキャンドルによるスローな夜を演出します。
(池上本門寺ウェブサイトより)

夜は、境内の照明も消え、キャンドルの灯りがふわ~っと。
どこ見ても癒しです。最高です。


ありがとうナイトin本妙院

本妙院のキャンドルナイトには「ありがとうナイト」というサブタイトルがついています。
「ありがとう」という気持ちを持てる時間をすごしていただければと思い、名づけました。
キャンドルの灯りのなかにいて、電気ってすごいなとあらためてありがたみを再確認したり、「こういうのいいよね」と賛同して下さる方や、なんだかおもしろそうなことをやってるから遊びに来た、という方たちとの出会いに感謝したり、一緒にやりましょう、と言ってくださった方たちの気持ちをありがたく思ったり。
そういった「ありがとう」を少しずつ集めていけば、いま自分たちのいるところはイキイキとした楽しい場所になるのではないかと思います。
(ありがとうナイトin本妙院ウェブサイトより)

まず入るところから華やかなに彩られてます!
昼もいいけど、やっぱり夜は幻想的ですね。
よく見ると、中で金魚が元気に泳いでました!これは面白い!!

昼間は、展示やワークショップが開催されていました。

この境内を飾るキャンドルは、竹のランタン。
たくさんのお花や樹齢が300年以上もある松など、さまざまな植物がたくさん共存している本妙院の境内にあう竹ランタンになったそうです。

2003年、夏至と冬至の夜、2時間電気を消そうと呼びかけスタートした「100万人のキャンドルナイト
全国各地で開催されています!