第3回目の大岡山こども食堂は すごかった!!

大田区のみなさま、こんにちは。

 

大田区のさまざまな地域で子ども食堂があるようですね。

第1回目の大岡山こども食堂にもお邪魔させていただき、こちらでご紹介させていただきました。

そのときの記事は こちらです。

今回は、10月23日(火)に開催された第3回目の大岡山こども食堂の様子をご紹介したいと思います!

 

第3回 大岡山こども食堂は すごかった!

東工大のボランティアグループさんにより企画、運営をされている大岡山こども食堂は、今年の夏から月1回の頻度で開催されています。

Salon, Cafe & Bar ToiToiToi(トイトイトイ)さん(ホームページ)で開催されており、毎回、プロが作ってくださる本格的で、とってもおいしいお料理は、親御さん、お子さんたちに大好評です!

初回の開催時には、20名程度の参加者が集まり、とてもアットホームな雰囲気でしたが、

初回で20人も集まって すごいなあと思ったのですが・・・

なんと 今回、3回目の開催では 44名のご参加者が集まったそうです!

これは、当日、私も子供たちを連れて参加してみてびっくりでした。

椅子が足りない~~~ 食べ物がすぐになくなっちゃう~~~と ボランティアのお兄さんたちがとてもお忙しそうに走り回っていらっしゃいました。

今までにないくらいの人数が集まったのですからね!

 

今回は、ビュッフェスタイルで、サラダ、スパゲティ、ピザ、ステーキなどの子どもに大人気のメニューもたくさんそろっていました。

好きなものを好きなだけ食べられ、子どもたちの目がきらきら輝いていました。

当日は、ハロウィーンのパンプキンマンも登場し、子供たちも大興奮!

(残念ながら、今回のこども食堂の様子をお写真に取りわすれてしまいました!すみません・・・)

「3回目でこんなに大きくなるなんて!」と、ToiToiToiの店長 山本さんもびっくりされていらっしゃいました。

 

こども食堂は すばらしい

こども食堂のいいところは、

・低価格で栄養いっぱいのおいしいご飯を子どもに食べさせてあげられること、

・子どもたちがいろいろな年齢のお友達とご飯を一緒に食べたり、関わりあえること、

・子どもだけではなく、誰でも食事を食べにいける場所であること、

・親が子ども連れで気軽に外食を楽しめること、

・親がほかの子育て中の方と出会い、交流できること

など 本当にたくさんあります。

毎月、私は、小学生の長女、3歳の次女、そして近所の小学生のお友達を連れて、こども食堂にお邪魔しています。

子どもたちは、いろいろなお料理に出会え、小さなお友達に出会え、みんなでわいわいできるのがとっても楽しいと言っています。

私自身も、こども食堂がある日は、晩御飯を作らなくよい日として、楽しみにしています。

ほかのママたちとののんびりしたおしゃべりも楽しいですし、こども食堂でお話をしたママたちと顔見知りになり、商店街などでお会いして、「またお会いしましょう!」となるのも、とってもうれしいことです。

普通のレストランでは、ほかのお客様とお話をすることなんてありませんが、こども食堂では、地域の人との交流もできちゃうので、子育て中のママ・パパにとっても本当にありがたい場です。

 

ご協力してくださる方、企業様を大募集!

参加人数などがますます増えていくと予想される大岡山こども食堂では、今後、こども食堂の運営を継続していくために、運営費用や食材提供等にご協力してくださる方や企業様を大募集されていらっしゃるということです。

食材としては、お野菜やお肉、お米などが毎回必要になります。

子どもたちのために、地域活性化のために、大岡山こども食堂の運営にご協力いただけませんでしょうか。

食材提供や運営費用のご寄付などにご協力いただける方は、ToiToiToiの店長 山本さん(TEL:03-6425-7578/MAIL: info@rhapsodos.jp)までご連絡をお願いいたします。

 

これからが楽しみな大岡山こども食堂

今後、地域の子供たちのため、家族のために、映画鑑賞してみようか?学習支援をしたい!と、いろいろな企画などを考えてくださっているようです。

これからの発展が楽しみです。

次回の開催予定については、ボランティアグループさんが検討中だそうで、決定次第、みなさまにfacebookでお知らせしたいと思います。

大岡山こども食堂で 皆様にお会いできるのを楽しみにしています!