ジェネレーションギャップの乗り越え方!~ギャップは実は「気づき」の宝庫だった!?~@武蔵新田ちょい呑み

ゆとり世代・みのり登場

どうも~!効率的な仕事ぶり、充実した私生活、ゆとりウーマンです

渡部みのり
今日はみきひろ先生と、ジェネレーションギャップをテーマに話をすることになっているよ
渡部みのり
ジェネレーション(世代)っていうと、ゆとり世代氷河期世代バブル世代って大別されていますね〜
渡部みのり
私は1993年生まれなので、ゆとり世代。みきひろ先生は1979年生まれなので、氷河期世代に当てはまります。
渡部みのり
そういえば、今日は、なぜか会社で「エイリアン」って呼ばれたの(笑)
渡部みのり
なんだかよくわからないけど、「エイリアン」って響きいいな~♪

あ~ゆとり世代に生まれてよかった!(ブルゾンちえみ風)

登場人物

渡部みのり

大田区タイムズ編集部のライター&インタビューア。
1993年7月生まれ。自称蒲田っ子。
飲んべえということがバレたので、この企画では、飲みながら取材することに。

深川みきひろ

大田区議会議員(2期目)。1979年7月30日生まれ。
大田区生まれ・大田区育ち。
最近、後援会の方々から、結婚できないとイジられている。本人としても結婚願望はあるものの、浮いた話は無さそうな気配。
Facebookページはこちら

今日は武蔵新田のちょい飲みフェスティバル。

渡部みのり
今日は武蔵新田商店会主催のちょい吞みフェスティバルに来ています!
渡部みのり
先生曰く、武蔵新田の人が、池上のちょい呑みフェスティバルにも関わってくれてるから、行ってみたかったんだってね。

ちょい飲みフェスティバルとは?

藤沢発祥のはしご酒イベントのこと。地域のお店や実行委員が一団となって街を盛り上げ、楽しく、そしてゆるくお酒を飲むイベント。
大田区の各地域では、年2回開催しています。

Facebookページはこちら

 

イベント受付本部のみなさま

フムフム、美味しそうなお店がたくさんあるな~。

氷河期世代だけど、思考はバブル世代より上な、みきひろ先生登場。

みきひろ先生、参上

渡部みのり
今日も昭和感すごいな…。
渡部みのり
バブル世代の雰囲気を感じます。

バブル世代

1961年生まれ~1970年生まれまでと定義されることが多く、日本のバブル期に就職した世代。世渡り上手で、対外的な人当たりも柔らかく、コミュニケーション能力が高いと評される反面、自分の対外的な評価をとても気にし、他人との比較で劣等感を持ちやすい「見栄っ張り」ブランド志向の気質があるのが特徴。「飲みニケーション」が好きな世代でもあり、部下となる若い世代とコミュニケ―ションが取りづらいと感じている声も聞きます。

渡部みのり
みきひろ先生こんばんは!
深川みきひろ
みのりさん、こんばんは。今日も相変わらず、飲んでますね~。
深川みきひろ
それだけお酒飲めたら、飲みニュケーション好きなおじさんたちに好かれそうだね。
渡部みのり
お酒はあくまでたしなむ程度ですが、いつも楽しく飲ませて頂いています!
深川みきひろ
たしなむ程度ですか(笑)
深川みきひろ
それでは、早速飲みに行きましょうか。

白鶴本店」へ

ジェネレーションギャップあるある1 話が通じない

今回は、ジェネレーションギャップがテーマです!

渡部みのり
みきひろ先生の決め顔、昭和感すごいな…
深川みきひろ
みのりさんは、ジェネレーションギャップってどんな時に感じるの?
渡部みのり
会社でよく感じますね。上司が色々説明してくれるんですが、説明に出てくる単語や人名が古くて全く話が理解できないんですよ~(泣)
渡部みのり
その単語や人名の説明までしてもらって、手間をかけさせてしまっていますね。
深川みきひろ
それは、大変ですね。
渡部みのり
例えば、これ見てくださいよ、先生。

どれどれ…

渡部みのり
バブル世代からすれば、ゆとり世代って、「???」なことが日常茶飯事ですよね。
渡部みのり
毎日が、ジェネレーションギャップ事件簿かもしれません(笑)
深川みきひろ
まぁ、ジェネレーションギャップは、どちらかが悪いとか良いとかっていう話じゃないからね。
渡部みのり
そうなんですか!
深川みきひろ
はい。しょうがないことですよ〜。生きている時代が違えば、話し方や、好きな音楽、ライフスタイルも全然違うし、必ず知らないことっていうのは出てきますよね。
渡部みのり
ほう。
深川みきひろ
例えば、私は、地域のおじいちゃんやおばあちゃんに囲まれて育ててもらったので…。

おばあちゃんっ子だったんです

渡部みのり
だから言い回しが古いんですね。
渡部みのり
つまらなくなかったんですか?
深川みきひろ
まぁ、当時ありましたよ。おばあちゃんの歌っている歌とか、最初は相当抵抗ありましたからね(笑)
深川みきひろ
嫌だった。
渡部みのり
今じゃ、演歌ばっかりのみきひろ先生だけどな…
渡部みのり
どうして、今は好きなんですか?
深川みきひろ
自分の知らない先輩たちの話を、聞けるときにできるだけ多く聞こうと考えるようにしたんです。
渡部みのり
そう考えたら、今すぐにでも聞いておかなきゃって思いますね!
深川みきひろ
そうそう。
深川みきひろ
そうしたら、いつのまにか好きになっていたんです。
深川みきひろ
育った環境によっての、その人が持つ常識とのギャップを、ネガティブに捉えないで、知らないなら、知ろうとしてみる姿勢がとっても大切なんです!
渡部みのり
発想の転換ですね!

そうです!

深川みきひろ
「教えてください」って下から言われたら、年上も素直に嬉しいし、それもひとつのコミュニケーションになりますよ。
渡部みのり
みきひろ先生、決め顔だぁ~…。

ポイント1

知ったかぶりではなく、「教えてください」と聞く姿勢が大切!

 

いざ、次のお店へ!

ジェネレーションギャップあるある2 おやじギャグのかわし方

季節料理くらたや」に来ました

渡部みのり
さーて、次は、おやじギャグのかわし方を聞いてみたいと思います。
渡部みのり
ゴソゴソ…。
渡部みのり
みきひろ先生、ここでおやじギャグを一発お願いします!!!!!
渡部みのり
バナナ用意してきました。
深川みきひろ
ゆとり世代こわいな…
深川みきひろ
まぁいいか…
深川みきひろ
では…

そんな、バナナ!!

渡部みのり
こんな感じで、飲み会の席とか会議のときとか、おやじギャグ連発する人いるじゃないですか~
深川みきひろ
はい(汗)

私の扱い、ひどいよね…。普段はおやじギャグ言わないですよ。

渡部みのり
やっぱり、ユーモアはコミュニケーションの中で大事だと思うんですけど、連発されるとどう対応していいのか分からなくなりますね。
渡部みのり
おやじギャグを連発されたときのゆとり世代の対処法って、どうすればいいんですか?
深川みきひろ
答えは簡単です。
深川みきひろ
ズバリ、おやじギャグは、おやじギャグで返せばいいんです。
渡部みのり
な、なるほど!!(笑)

バナナ持ってきて、そんなバナナなんて言わせるなんて、日光の手前だねぇ〜

渡部みのり
へ?
深川みきひろ
日光に行く途中に、今市という地名があるんだよ〜。

日光の手前なんて知らないぜ〜。い〜、まいっちまうぜ〜

渡部みのり
やってみたら、案外オモシロい!(笑)

ポイント2

おやじギャグは、おやじギャグで返せ!

 

先生もジェネレーションギャップで悩んでいる!?

渡部みのり
今日の企画をやってみて思ったんですが…
深川みきひろ
どうしました?
渡部みのり
私とみきひろ先生の間に、すでにジェネレーションギャップが生じまくっていますよね…

そんな、バナナ!!

渡部みのり
みきひろ先生、2回目です…
深川みきひろ
ばれてしまいましたね。

ポイント3

そんなバナナは1日1回が限界。

うぅ…

深川みきひろ
私も若者とのジェネレーションギャップを感じているんですよ。若者と全然会話ができないんです。
渡部みのり

(だから、結婚できないのか!)

ポイント4

おばあちゃんっ子は同年代にも若者にもジェネレーションギャップを感じる。

渡部みのり
先生って若者のトレンドとか知っていますか?
深川みきひろ
うーん。
深川みきひろ
正直、20代って何を考えているのか分からないですね…。
渡部みのり
「君の名は」とか、「LA LA LAND」とか見ました?
深川みきひろ
一番最近観た映画は、「寅さん」ですね。
深川みきひろ
団体でバス旅行とか行くと、帰り道って寅さん流すこと多いんです。

男はつらいよ

渡部みのり
みきひろ先生、いつの間にそんな小道具を!!
渡部みのり
寅さんがここまで似合う30代いないと思います。
深川みきひろ
どうもありがとう。本当は、若い子とは喋りたいと思っているんですけどね…。

みきひろ先生にも、そんな願望あるんですね!

渡部みのり
ちなみに、若い女の子と話をするなら、何を話すんですか?
深川みきひろ
刑法の話がいいな。

ポイント5

みきひろ先生は若い女の子と刑法の話しがしたい。

渡部みのり
えっ…刑法ですか。

渡部みのり
あっ、タイホしちゃう系ですか。

深川みきひろ
いや、

深川みきひろ
結果無価値行為無価値かを聞いてみたいね。

渡部みのり
まじめな議論!

渡部みのり
大抵の女の子が興味なさそうな話題ですね(笑)

深川みきひろ
私の知人の多くも、興味をもってくれません。
渡部みのり
話が長くなりそうなので、またこの話は次回にしましょう(;’∀’)

(先生の結婚への道のりは遠いな…。)

ポイント6

みきひろ先生の結婚への道のりは遠いかもしれない。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本日のお店

ちょい呑みイベントは、¥2,500で3軒のお店を回ることができます。

1軒目は、イタリアンの「マルチャーナ」へ行ったよ。

鶏レバーのクリーミーパテとビール

2軒目は、「白鶴本店」。
焼き鳥はもちろんのこと、モツ煮の味が染みていてビールと相性抜群です~~!

串焼き

ミニ煮込み

3軒目は、「季節料理くらたや」。
刺身が新鮮で、とっても美味しい!

当日、市場で仕入れたお刺身

ちょい呑みフェスティバル楽しかった~♪♪
また行きたいです(*^-^*)!

このコンテンツはhttp://mikihiro.jpに掲載予定の記事を先行公開しています。