知的障がい者、住まいをシェア -自立生活、障害のない人とともに-

TransitYardの試みが、朝日新聞に取り上げられました。

 

東急池上線蓮沼駅近くにあるTransitYardは、

一階にイベントスペースTransit Cafe Colorsがあり、毎月10本前後の様々なイベントが開催されています。

 

二階三階はシェアハウスになっていて、二人の男性が暮らしています。

二階にフォトジャーナリスト、三階には重度知的障害のある青年が公的介護支援を活用し、親元から自立して生活しています。

 

多くの重度知的障害のある人たちは、親元で暮らすか、グループホーム、入所施設などの施設で集団生活をする選択肢が限られています。

障害のない人と同じように暮らす選択の実現が、ここ大田区で取り組まれています。

是非、ご一読ください。

 

※全文読むには朝日新聞デジタルの無料会員登録が必要です。

 

【公式】大田区タイムズ「宣伝専用」グループの投稿を記事にしたものです。